11月5日大阪府ジュニアラグビースクール大会

この日は大阪府舞洲で大阪府のラグビースクール大会がありました。
朝はとても冷え込み何せ海沿いだから浜風がすごく強かったです。

登録はB・Cクラスでしました。
しかし!!普通なら20人いるはずのチームが家の用事や病気、塾などでドタキャン続出。
なんと参加人数が12人!?僕たちのラグビーは9人制。

2チーム登録だから・・・・・流石に疲れる・・・
しかも1試合終わったと同時にまた次のグラウンドへ移動してまた試合とか・・
そんな感じだったので皆熱射病寸前でした。

さて一試合目から解説します。。
1試合目はCクラスの試合。僕はBクラスだけどバックス(3人)の替えがいないためにCの試合にでました。。

流石に出てる皆はほとんどがBクラスの選手だったので余裕!!って感じで前半3点入れました。相手に取られた点はたったの1点。後半も安定した守りを見せて4点を入れて快勝!
トータル7-1で勝ちました。

2試合目。こちらもCの試合。前半に一気に攻めて4点を取りました。
しかし後半・・・フォアードのメンバーを変えたために短い時間に相手の同じ人に四点も取られました。同点においつかれたけど皆が『最後やから絶対かつ』という思いがひとつになり、息を吹き返したみたいに攻めて攻めて攻めて一点入れて勝ちました。

トータル5-4で勝ちました。
が・・・・この試合が終わってすぐにまた試合がありました。
これはBの試合。

キャプテンの僕は『絶対点をとったる!!』という思いでフェイントを掛けて独走。。
しかし相手のディフェンスがちゃんと後ろに下がっていたためにつかまりました。

すると横から友達の声が聞こえてきました。『おい!横や横こっちにまわせ』
試合中興奮してる僕は横からの声なんて聞こえたこともありませんでした。

しかしこの声はびっくりするくらいに聞こえました。
すばやくボールをまわしたらそれがうまく繋がって友達が独走。。。
そのまま一点を入れて前半終了。。

しかし後半・・・・2試合連続だったために皆ばててきて相手にすぐ点を取られました。
どんどん追加点を入れられて負けました。
トータル1-5。

試合が終わった後皆魂が抜けたみたいにしゃべりませんでした。
悔しいのもあったし疲れたのもありました。

しかしCクラスは2勝中。。
Cクラス優勝まであと1勝になりました。
そして次の試合はBクラス。。

でも相手は強い強い・・・・・前半後半でトータル7点を入れられて負けました。
しかも行っても返せませんでした。
そしてまた連続で試合がありました。

次は優勝が掛かってる試合でした。

d0092388_23441745.jpg


前半は1-1で同点でした。
後半は押されても押し返すという展開で試合が流れてそしてラスト2分・・・・

一瞬の隙をつかれてしまい負けました。
悔しくて涙が止まらなかったです。
他の皆も泣いてました。

最後の主任コーチの熱いメッセージを聞いて終わりました。
このときもずっと涙を流してました。
コーチの言葉に感動して泣いてるのか試合に負けて悔しくて泣いてるのかどっちか分からなかったです。

小学生生活最後のスクール大会は優勝したかったけど準優勝でおわりました。
[PR]

<< 千里中央にて , SUPERGT第9戦富士最終戦 >>