<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

小学生最後の運動会。

今日は僕にとって最後の運動会がありました。
僕は今年で小学六年生なので最後です。運動会は。

9月の始業式の次の日から運動会の練習が始まりました。
小学六年生の団体演技は大体が組体操ですよね。
そんなこんなでかなり疲れた一日でした。

まず最初に徒競争がありました。
僕の出番が近づくにつれて緊張しました。でも泣いても笑ってもこれが最後の運動会。
悔いのない走りをしたかったです。
そしていよいよ僕の番・・・・・パーンと雷管の音がなりひびいた瞬間スタート。

スタートで出遅れたけどコーナーまでに2人抜きましたが・・・悪夢がおきました。
僕はイン側を走行していたんですが後ろにいた人がアウトからいきなりインに入ってきて
僕とクラッシュ・・・・僕とその子はクラッシュ・・・・僕は結局最下位にまで落ちてゴール。

最悪でしたが、別にそんなに悔しくもありませんでした。

次の種目は騎馬戦・・・・名誉挽回したいと思ってました。
そして騎馬戦開始。僕たちはなんと逃げ回って結局一騎打ちまで残りました。

一騎打ちは僕は3番目・・・・なんと僕まで全員負けてしまいました。
そして僕の出番・・・・相手の牙を潰すつもりで立ち向かっていった。

余裕で相手の帽子を取りました。
そしてどんどん相手を蹴散らしていって結局相手を全滅さしてしまいました(笑)

自分でも呆然としてました。
席に着いたときには紅白の得点が変わってました。

最初は紅が勝っていたのですが僕が紅をやっつけたので順位が入れ替わりました。
その瞬間白組の全学年が『ヤッター』とさけんでました。(もちろん僕も。)

そして最後の団体演技では組体操をやりました。
クライマックスは55人ピラミット。

残念ながら僕は55人ピラミットに参加できませんでした。
でも楽しかったです。Y(・∀・)Y万歳!!

最終結果は白193対紅197点でおしくも敗れましたが楽しかった。


話が変わりますが運動会のあとは焼肉を食べに行きました。
久々の焼き肉だったのでおいしかったです。

d0092388_1965014.jpg
d0092388_197252.jpg
d0092388_1971652.jpg
d0092388_1973981.jpg

[PR]

WRC

今日はWRCのことをブログに乗せたいと思います。
WRCとはワールドラリーカーチャンピオンシップの略です。

僕てきにはラリーにはあまり関心ではありませんが僕がリンクさしてもらってる
hiroさん
が凄いカッコイイ角度でラリーカーを写真で撮っていらっしゃいます。

詳しいことはご本人さんに聞かないと分からないのですが多分ラリーがお好きでいらっしゃる
と思います。

僕がラリーに少し関心をしめしたのはランサーに乗っていたトミーマキネン選手
がランエボを普通にのりこなしていたのが凄い印象的でした。

ラリーは砂利道から砂漠。アスファルトの道から峠まで。そしてラリー専用に作られた
SSステージから雪道さまざまなコースがあります。

とくに峠の砂利道を走るときはすっごくかっこいいです。
でもがけから車が落下することもしばしば・・・

かなり過酷なレースですがロードレースとはまた違う面白さがあります。
日本では北海道で毎年開催されています。

hiroさんは北海道ラリーを見に行かれたそうですよ。
もしhiroさんが撮った写真を見たい方はこちらからどうぞ。

d0092388_18103687.jpg
d0092388_18105221.jpg
d0092388_18105967.jpg

[PR]

スカイラインGTR特集

今日はスカイラインのGTRについてブログに書きたいと思います。
スカイラインGTRは1950年代に初代が生まれました。
そして二代目はGTRも発売しました。自称羊の皮をかぶった狼といわれ
日本GPでは49連勝。通算50勝を達成しました。
しかし50勝を達成したときにオイルショックという問題がおきて日本GPは幕を閉じた。

また日本GPがなくなったと同時にGTRは幻になった。
しかし1970年代にスカイライン(HR30)シリエットとしてレースに復帰。
さらに1980年代にスカイライン(HR31)がグループAに登場した。
これがスカイライン伝説の新たなスタートだった。

そしてついに運命の幕が切って落とされた。
1989年に念願のGTR(R32)型が発売されたのである。
スカイラインファンや当時の走り屋にかなり人気があった。

そして1991年にグループAに参戦。なんとハコスカGTRみたいに連戦連勝の強者になった。
1994年にはJGTC(GT選手権)に参戦開始した。
さらに1995年にはスカイラインGTRの(R33)が発売され同時にJGTCにも参戦。

しかしこのときに日産にある問題が生じた。
なんとスカイラインGTR(R33)がGTR(R32)に比べて売れ行きが伸び悩んでいた。
R33は確実にR32より性能がいいのにと日産は頭を抱えた。

だが1995年のJGTCはカルソニックスカイライン(R33)がシリーズチャンピオンになった。
しかしそれからというものGTRは外国者勢と他のチームの活躍で勝てなくなってきた。

そして1998年。新たにスカイラインGTRを出した。
そのGTRは先代GTRと全く異なる性能をもつGTRでした。
   ~GTRR34~
そしてGTR34はどんどん活躍していく。
2001年からはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦しはじめた。

そして2002年。GTR34が生産終了間際にRB26TDDというものすごいエンジン
をつみ1000万台限定で発売された。
このあと生産終了。

JGTCでは2002年にはGTRは活躍できずに優勝がなかった。
しかし2003年。GTRがJGTCに出る最後のシーズンだった。

だがGTRは速すぎてシーズン三度の優勝を成し遂げた。
これがGTRが残した最後の伝説だった。

ぼくは今が一番すきな車はGTRです。
これからももっともっと速いGTRが生産されるように願いたいです。

d0092388_19542328.jpg
d0092388_19543978.jpg
d0092388_19545835.jpg
d0092388_19552617.jpg
d0092388_1955332.jpg
d0092388_1956710.jpg
d0092388_19562048.jpg

[PR]

ラグビーの試合

今日はラグビーの試合があった。
今日の天気予報では雨といってたのですが絶好のラグビー日和でした。
久々の試合だけど欠席者が多かったためにボクのポジションのバックスは
交代無しでの戦いでした。家を出たときには全勝するつもりで出発しました。

朝だったのであくびばっかりしてたけど集中して、あくびは出なくなりました。(笑)
まず第一試合目は東淀川ラグビースクールとでした。
東淀川のラグビースクールにはダンプカーみたいな子がいました。

いつも東淀川のその子に振り回されたりぶっ飛ばされたり・・・・
めちゃくちゃにされてたけど今日は勝つ気で行きました。

試合開始。僕たちのキックオフ。キャプテンのボクがボールをけりました。相手が取って
そしてすさまじい試合が始まった。最初は相手がボールを前におとしてノックオン。

しかもトライゾーンの近いために絶好のチャンス・・・・しかし相手も負けてません・・・・
すごいプレッシャーで一瞬足が止まりました。
だけどボールをセンター(バックスの真ん中)の子にパスをまわすことが出来ました。

しかしそのセンターの子がつかまってモールになってしまいました。
相手はモールが強い強い・・・どんどんボールをとってきます。

そして相手の一番でかい5番の子が突っ込んできました。
相手は力も強いし足もはやい・・・突っ込んできたから必死で止めたけど倒されて
そのまま独走されて相手に一点いれさしてしまった。
それからまた一点・・・また一点とどんどんリードを広げられてしまいました。

前半だけでも3点取られました。
後半もボコボコにやられました。悔しかった。だからその5番の子が走ってるときに
後ろからタックルしました。当然ちょっとやそっとじゃ倒れません。
必死に相手の足を掴みました。そのとき『バタ・・』やっと倒れました。

心のなかで『よっしゃー』と思ってました。
しかし後半に4点もいれられて終わってみれば7-0・・
負けた・・・・流石Aクラスのチームだが・・・かなり悔しかった。自分の全力が出せなかったから
余計に悔しかった。

d0092388_203463.jpg

そのことをコーチもおっしゃってました。
次の試合は東淀川よりはっきり言って強い茨木ラグビースクールとあたりました。
茨木はAで優勝経験を持ってます。僕たちはCでしたか優勝したことがありません。

しかしコーチ抜きでミーティングをしたときに全員でこういいました。
『次は自分の全力をだして絶対勝つぞ!!』と・・・・
d0092388_2032854.jpg

そしてすぐ試合が始まりました。
また僕たちのキックオフ・・・・ボクは勝つ気でボールをけりました。

『絶対勝つ』という気持ちは皆一緒でした。
いっせいにボールを追っかけて相手にプレッシャーをかけました。
そして相手のミスをさそって僕たちのボール。

しかし向こうも反撃してきます。ボールをとってきます。
一回ボールをとられたけどまたフォアードが取り返して、しかも相手がミスしたので
みんなのボルテージが上がりました。

そしてサインプレイで逆サイドへ、、、
だけどラインからはみ出してしまったために相手ボールのスクラムに。

そして相手がボールを投げ入れたときにフォアードが取ってくれました。
ボクのほうにボールが回ってきました。
ボクはチャンスと思ってまた同じサインをセンターとウイングに伝えて走りました。

空クロ・・・空のクロスの略です。相手はまんまとそれに引っかかってきました。
しかし追いついてきました。
『捕まったらチャンスがなくなる!!』そう感じてフェイントをかけてまっすぐ勝負!!

きづいたらもうトライゾーンにいてしかもボールを押さえていました。
レフェリーが『ピー!トライ!!』そういいました。

しかしそのあとはダメでした。
前半ボンボンとられました。3点とられた。
後半もボクがトライをしました。もう興奮してなにがなんだかわからなくなりました。

結果は5-2でした。しかしAクラスの茨木から2点もとれました。

ボクはキャプテンなのでもっともっと強いチームにしていきたいです。
d0092388_2034551.jpg

帰りにチャーシューラーメンの大盛りを食べました。
試合あとのラーメンは最高においしかったです。
[PR]

よしもと新喜劇(梅田花月)

こんばんは!!
今日は僕が大好きなよしもと新喜劇のことを紹介したいと思います。
よしもと新喜劇は土曜日は1:00~2:00までの一時間
日曜日は12:00~1:00まで放送されています。

よしもと新喜劇は笑いあり泣きありですがいつも感動シーンでだれかがネタを言って
笑かすところもあります。一回僕もそういうことがありました。

いつか忘れたけど、今年の5月くらいに放送した土曜日の吉本新喜劇で
むっちゃ感動して涙ぐんだところを小藪一豊さん(僕の大好きな芸人)がボケタことを言った
ので感動してないたわけでなく笑いすぎで涙が出ました。(涙&鼻水)w

ついでに兄がすきなよしもと新喜劇で出てくる芸人さんでは鳥川(うかわ)さんと
辻本(つじもと)さんが好きだそうです。
鳥川さんはいつもボケ役の人に『お前ずっと口笛ふいてるやろ!!このヒョットコ!!』
それで鳥川さんは『なにを言うとんねん!!吹いてないて!!』と反論w
やっぱ大阪でやってるから皆大阪弁です。

それで辻本さんはしげぞうじーさんで有名です。
僕が見たときは鳥川さんのことをヒョットコとか言ってました。

むっちゃくつ楽しいです関西に住んでる方はぜひ見てください。

d0092388_2218714.jpg

[PR]

GT選手権(JGTC)

僕はレースが凄い好きなんですがやっぱりどのレースよりもGT選手権SUPERGT(旧JGTC)
がスキです。Jスポーツなどでも 時々生放送をしてます。

僕が応援してるのはNISSANのZなんですが一番すきなのは2003年に出ていた日産のGTRが大好きです。GTRは僕のメイン画像にのってますよ。

そのGT選手権ではかなりの数のメーカーからいろいろな車が出てます。
2004年には18メーカー45台の車がGT選手権に参戦しました。

さて僕の大好きなGTRが参戦していた2003年について語りましょう。
2003年はGTRにとって最後のJGTC生活でした。
昨年のJGTCではGTRのエンジンRB26DTTを下ろしそしてV型エンジンを取り付けたが・・
なんとその年は優勝ができずにポイントランキングも下位のほうでした。

そして2003年。
第一戦の岡山TIサーキット英田ではGTRにとって8年ぶりのポールポディションをゲット。
ポールシッターはXANAVINISMOGTR 本山/M クルムでした。
序盤はADVANスープラやESSOウルトラフロースープラに先行されるも
得意のピットワークでESSOやADVANを逆転・・・・・・

しかしまたもや二台に抜かれてしまい3位へ転落・・・・
だがクルムは頑張った。なんとどんどんADVANスープラを追い詰めていった。
そして最終コーナーでADVANはGT300クラスのMRSと激突。

マシーンを壊してしまいコースアウト。これで優勝争いから脱落してしまう。
クルムは攻めに攻めESSOを追いかける。そしてヘアピンコーナーでハーフスピン
脇坂はこれを悔やんだという。

しかしこんなことでめげる脇坂じゃありませんでした。
脇坂はどんどんクルムを追いかけて最後に逆転・・・・・そのままESSOが優勝しました。
しかしGTRが速いということを他のメーカーに見せ付けたと思います。

第二戦の富士スピードウウェイ。ここではスープラが強い!!
かろうじでMOTULピットワークGTRは3位にくいこんだが7位までスープラの名が。

決勝ですがその予選で強かったスープラがクラッシュやエンジントラブルで脱落。
最終的にトップをはしっていたauセルモスープラはMOTULのプレッシャーに耐え切れず
コースオフ。スピンそしてマシーンを壊してしまった。しかもオレンジポールフラッグが出されてたにもかかわらずそのまま走行を続け失格。

しかも2番手にカルソニックが食い込み1、2フィニッシュでした。

そして最終戦ポイントランキング2位のXANAVIGTRはESSOをポイントランキングで
逆転を狙う。
序盤にカルソニックが上がってきました。XANAVIはアドバンスープラのトラブルにより
トップの躍り出たが長くは持たず道上にパスをゆるしてしまう。

そしてピットでカルソニックが道上を逆転した。
最終ラップの前の周。プレッシャーにより井出はコースアウト。
そのすきに道上がカルソニックに並びかける。

カルソニックはしつこくインがわへ、
そして1コーナー。なんとカルソニックとTAKATAは接触。
道上スピン。そしてカルソニックは勝利をもぎとった。
一方XANAVIはESSOの不調によりポイントランキング1位を得た。
最後はGTRらしく終われたなと僕は思いました。

d0092388_1958391.jpg
d0092388_19581110.jpg
d0092388_19581946.jpg
d0092388_19582853.jpg
d0092388_19583832.jpg
d0092388_19585082.jpg
d0092388_19591079.jpg

[PR]

ミステリーツアーその2

お好み焼きを食べた後に、世界文化遺産に登録されている宮島の厳島神社にいきました。
また1時間くらいバスに乗っていきました。
昼飯を食べて少しうとうとしてまた眠りに入りました ナンデヤネン(`A´)/・∀・)イタ

気がつくと海沿いをはしってました。そして駐車場で一回集まってから
船にのって宮島へと向かいました。
およそ4年ぶりの船への乗車だったので興奮しました │(´∀`)│ 興奮!!

およそ15分で宮島につきました。
宮島の船乗り場から出ると鹿がいっぱいいました!!
そして宮島で一番景色のいいところで記念撮影しました。

次に厳島神社に行きました。宮島は台風の影響無しでした。(台風で時々浸水する)
ふと砂浜を眺めてると下にかにがいっぱいいました。

いっぱいいたのでびっくりしました。
一匹捕まえたかったけど、足の踏み場がないほどいたのでやめました。

厳島神社からでるとお土産を買って帰りました。
日帰りだったけど楽しかったです。

d0092388_1929250.jpg
d0092388_19365118.jpg

[PR]

ミステリーツアーその1

昨日の敬老の日にミステリーツアーに行きました。
行き先は広島県でした。新幹線でいきました。朝6時におきたので流石に眠たかったです。
僕の兄がいうには僕の寝顔はブサイクだったそうです。(笑)

眠たかったから新幹線のなかで寝ようとおもって窓に頭をもたれさしていたら
バランスをくずして新幹線の出っ張ったところに頭をぶつけて眠気がぶっ飛びました。
福山で新幹線を降りました。最初は福山城を見学しました。

そこで兄とともにパシャリ。ってあれぇ?目が帽子で隠れて見えねぇ~じゃねぇ~か!(爆笑)
しかし見学時間が短かったためにわずか20分ほどで福山城とおさらばだぁ!!

次はバスに乗って平和記念公園に向かいました。バスのなかでやっと寝れました。
バスは大体1時間30ぐらいで平和記念公園に着きました。
しかし風がやたら強かったです。やっぱり台風13号の影響だったんすかねぇ?w

平和記念公園は修学旅行でいったために大体中になにがあるかは分かってました。
原爆ドームをみると、戦争の悲惨さや原子爆弾の威力
そして戦争の悲しさが伝わってきました。

そして平和資料館のなかに入りました。
なかは、結構外国の人がたくさんいました。
なかでも一番かわいそうだと思ったのが三歳の子が乗っていた三輪車です。

乗っていた男の子は三輪車が大好きで原爆の落ちた朝も三輪車で元気よく遊んでいたとかいてありました。

平和資料館を出ると広島名物広島焼きをたべにいきました。それがかなりおいしかったです。

 ※2に続きます。

d0092388_19185463.jpg
d0092388_19191862.jpg
d0092388_1937361.jpg
d0092388_1939276.jpg

[PR]

ワイルドスピードX3

今日はワイルドスピードX3を見に行った。
舞台は日本の東京です。
最初のワイルドスピードはドラックレース
次に公開されたワイルドスピードX2はカーチェイス
そして今日見たワイルドスピードX3はドリフト

主人公が最初にバトルしたのはアメリカの古い町。
そこでドラックレースをした。
バトル相手はダッチバイパーGTSです。
主人公が最初に乗った車はアメ車の古いコルベット(多分)です。

最初は速さ重視でドリフトとかのドライビングテクニックが無く
コーナーごとにクラッシュ・・・・車がどんどん壊れていく。
そして最終コーナーではなんとショートカット・・・・ダートの路面をとおっていく

そしたら前方に工事車両。しかも道全体にいてとても車では通り抜けできない。
このとき主人公も『やばい』とかいってたなぁ・・・・・
しかし主人公は考えた!!なんと脇の民家に突っ込みそのままジャンプ!!
一気にバイパーにおいついた。それからバックストレート。ストレートは積極的に
バイパーがぶつかりにいった。とびちる部品・・・・このとき僕は『もったいない』とおもってました

d0092388_16291852.jpg


そして最終的にはバイパーが姿勢を乱してコンクリートの物体に衝突。
主人公は笑いながらよそみ。このとき僕は『やばいんちゃうんか?』と思っていたら予想的中

なんとコルベットも姿勢をみだして横転・・・・転がる転がるぶっ壊れる。
まじでやばい状況でした。しかもエンジンがぶっ飛んでいきました。

d0092388_16293047.jpg


それで彼は警察に捕まってしまいしかももう街にふみいれてはいけない状況になってしまった。
そして彼は親のいる東京にひっこしたのです。
おとっと・・・・あまりいいすぎるとだめだからな・・・
さぁ~続きを知りたい人は
ワイルドスピードX3をぜひみにいってください。車に興味が無い方でも結構楽しめるかと思います。

d0092388_16294524.jpg

[PR]

文化祭

今日は兄の学校の文化祭にいった。
行くとき少し緊張したけどすぐなれた。

PTA喫茶室に母親がいたからそこで本を読んだり雑誌をよんだりしてました。
本の種類がたくさんありました。
正直びっくりしました。

12:30頃兄の学年が体育館で劇とかダンスをするので観にいった。
最初は兄のクラスからだった。
そこで衝撃的な映像をもみてしまう。

クライマックスのシーンで男同士でキスをしたのでまじびっくりしました。!!
劇は笑いあり!泣きあり!!でした。むちゃくちゃ楽しかった。

d0092388_18482459.jpg
d0092388_18483485.jpg
[PR]

,